木本全優 Masayu KIMOTO

(ウィーン国立バレエ団プリンシパル)
Photo:Ashley Taylor

兵庫県姫路市出身。3歳より中田バレエシアターにて、中田弥生に、2003年からはフランス・カンヌ・ロゼラ・ハイタワーに留学し、モニク・ルディエールに師事。04年パリ国立高等音楽院に入学。06年に卒業し、同年アーロン・ワトキン率いるドレスデン州立歌劇場バレエに入団。08年ウィーン国立バレエに移籍。11年ドゥミソリスト、13年ソリストに、17年プリンシパルに昇進。主な主演作に、ヌレエフ版『ドン・キホーテ』のバジル、ライト版『眠れる森の美女』の王子など。ヌレエフ版『白鳥の湖』、プティ振付『こうもり』、ベジャール振付『コンクール』、マクミラン振付『マイヤリング』、バランシン振付『テーマとヴァリエーション』、リファール振付『白の組曲』、ランダ―振付『エチュード』、ロビンズ振付『イン・ザ・ナイト』、フォーサイス振付『セカンド・ディテール』、ゲッケ振付『モペイ』、マルティネス振付『ドリーブ組曲』など幅広い演目で主要な役を踊っている。2011年、ウィーン国立歌劇場&フォルクスオーパー後援会Ballet Clubよりプロモーション賞を受賞。